職場の人間関係

毎日が楽しくなる!仕事の人間関係を割り切るメリットと7つの方法

2017年8月28日

このエントリーをはてなブックマークに追加
毎日が楽しくなる!仕事の人間関係を割り切るメリットと7つの方法

人間関係に悩まされると、好きな仕事でも楽しくなくなりますね。

でも人間関係を割り切ると、仕事が楽になり毎日が楽しくなります。

「興味があったのに楽しくなくなった」
「やりがいも忘れた」

こんな風になっているなら、「人間関係に対する心のあり方」を持ち直していきましょう。

これからお伝えすることをぜひ試してみてくださいね。

仕事の人間関係体験談

まずは仕事ではどんな人間関係で悩んでいるのかを見ていきましょう。

 

「自分の話したことが他の人たちにも筒抜け、しかも内容を馬鹿にされている」

「信頼できると思っていた上司に相談しても軽く受け流され、他の人たちにも伝わっていて嫌がらせが増えた」

「言ってもしょうがないグチをずっと聞かされるけど、誰も改善しようとはしない」

「本当か分からない、プライベートのうわさ話ばかりが飛び交っている」

「お局のターゲットになって、毎日ひどい嫌がらせを受けている」

 

まだまだあると思いますが、よくあるのがこれらです。

こんなことに巻き込まれて振り回されると、本当に心身ともに疲労していきます。

 

人間関係に疲れると、仕事自体に集中できなくなってしまいますね。

そうすると仕事がうまくいかなくなったりミスが増えたりします。

ミスが増えると陰口や嫌がらせも増えると考えてください。

そうなれば『仕事に集中できない⇒ミス⇒人間関係の悪化』を悪循環でループすることになります。

状況はひどくなっていく一方です。

 

ではどうすれば悪循環を断ち切って、人間関係に悩まされずにすむのでしょうか?

それは、仕事の人間関係を割り切ることです。

 

もしかしたらあなたは人間関係を割り切ることに、違和感や罪悪感を感じるかもしれませんね。

次は割り切ることにどんなメリットがあるのか、見ていきましょう。

仕事の人間関係を割り切ることのメリット

仕事の人間関係を割り切ることのメリットは

「やりたいことに集中できて」、「人間関係の辛さから離れられる」こと、

そして「人間関係が改善される」ことにあります。

 

人間関係で悩んでいる間は、悩みで頭がいっぱいになっています。

でも人間関係を割り切ると、精神的に距離をとって職場の人と接することができます。

人間関係の悩みも離れてあまり気にならなくなります。

そうすると仕事に集中しやすくなりますね。

仕事が前よりうまくいくようになると、自然と人間関係も改善されていることが多いんです。

 

私も仕事は夢の実現のためだと割り切ったところから、職場での人間関係がよくなっていきました。

それまで人間関係で悩んでいる間は、状況は悪くなる一方だったのにです。

もがくことを諦めて、新しい方向を見たとき、他のものごともうまくいき始めます。

 

仕事自身についてもそうでした。

仕事の辛さを一歩引いて見られるようになり、上手く全体を見れるようになりました。

冷静にもなりますのでイライラや緊張感なども減ります。

 

 

1で書いた体験談は本当に良く起こることです。

なので自分の心が振り回されないようにすることが必要なんですね。

 

とくに本来職場は仕事をする場所です。

人間関係で悩んで仕事がうまくできない、というのは自分も会社側も望んでいないはずです。

仕事の人間関係で疲れない7つの方法

では人間関係で疲れず、楽しい毎日を送れる心の持ちかたについて見ていきましょう。

①状況を変えると決意する

 

まず、「本当に少しでも良くしよう」と決めることが大事です。

心も、状況も、良くしようと思ってください。

 

そうすれば行動しやすくなります。

今まで人間関係を割り切ることを躊躇していたかもしれません。

でも職場の人間関係から一定の距離をとることは、あなたにとっても会社にとっても良いやり方であることを知って下さい。

 

②「好きなこと」や「してみたかったこと」をする

今まで仕事の人間関係に、ずっと悩まされていたかもしれません。

そうなると何をしていても、仕事の人間関係を思い出して憂鬱になります。

そんな毎日を送るのは辛いですね。

 

目の前に悩みがあって、それしか見えていないとずっと悩みに囚われます。

目の前にある悩みから目線を外してみてください。

 

目線を外す方法は、「あなたの幸せ」につながることに目線を向けることです。

家族、友情、恋愛、しゅみ、健康、服、食べ物、旅行など、

あなたが楽しいと思うことは、たくさんあるはずです。

 

仕事だけがあなたを幸せにするわけではありませんね。

「あなたを幸せにするものごと」に気持ちの焦点を当ててくださいね。

 

③仕事以外で感情を吐きだす

仕事の人間関係に問題がある場合、なかなか気持ちを吐き出せませんね。

でも自分の感情を殺すことって、思っている以上に疲れます。

 

ずっと自分の気持ちにウソをついていると、心が悲鳴を上げてだんだん身体にも影響がでてきます。

かといって、仕事中に自分の気持ちを全部外にだすのは難しいですね。

 

なので仕事以外の時間に、気持ちを吐き出す場所をもってください。

相手はあなたの話をよく聞いてくれる、信頼できる人がいいです。

家族や友だちなどに話を聞いてもらうだけでも、冷静になったり自分の存在をより感じられ癒されます。

 

④仕事中は仕事に集中する

周りの人を気にしていると、仕事への集中力が下がります。

憂鬱だったりイライラしたりして、仕事自体へ気が回りにくくなります。

そうすると悪循環で仕事がうまくいきません。

 

考えることは「仕事の目的を達成するために必要なことは何か」です。

嫌味を言われようが、グチを言われようが、仕事上関係のないことなら聞き流してください。

淡々と必要な仕事ができるぐらい集中できると良いですね。

 

⑤職場の「暗黙のルール」を知る

仕事には集中した方がいいのですが、仕事は全く1人でするわけではありませんね。

必ず他の人たちも関わっています。

その他の人たちが作り上げた「ルール」は、知っておくと他の人と余計な衝突をさけるのに便利です。

 

例えば「相談してはいけない上司」とか、「どの人に逆らってはいけないのか」とか。

社風のようなもので、ヘンなルールであることも多いです。

 

でも暗黙のルールを知っていると、他の人たちや全体の動きが理解しやすくなります。

そうすると「悪目立ち」もしにくくなりますし、他の人ともスムーズに仕事を運びやすくなります。

 

そういう意味で「長いものに巻かれる」ことは、空気やルールの知識を教えてもらえるので悪いことではありません。

チームで仕事をする以上、最低限相手側に合わせて動くことは、精神的にも仕事を進めやすくなりますよ。

 

⑥会社を辞める時期を決める

本当に仕事の人間関係が嫌で、身体にも悪影響がでているなら辞めてもいいと思います。

世の中にはたくさんの仕事があって、たくさんの人がいます。

あなたが今働いている場所だけが、世界の全てではありません。

 

「辞めた後にどんなことをするか」、そして「辞める時期」を決めると仕事の人間関係から精神的に距離が離れます。

辞めた後やりたいことが待っているならなおさら、精神的に仕事の辛さから離れやすいですね。

辛い状況にも終わりがあることに希望が持てますし、仕事の辛さではなく「やりたいこと」に意識が向きます。

 

ただし何も考えずに辞めるのは、辞めたあと将来の不安に囚われます。

ある程度の見通しができてから辞めることをおすすめします。

 

⑦2:6:2の法則を意識する

どんな人でも、

2割の人には何をしても好かれて、

6割の人はあなたの行動しだいで好き嫌いが分かれて、

残りの2割の人はあなたが何をしてもあなたを嫌う、

と言えるのだそうです。

 

そうすると、あなたがどんなに誠意をつくしてもあなたを嫌う人はいる、ということです。

 

確かにものごとは良い面と悪い面を持ちます。

ある人にとっては感謝すべきことでも、別の人にとっては余計なお世話と感じることもありますね。

 

それならばあなたにとって大事な人や、あなたと良い関係を築いている人たちを大切にした方がいいですね。

全ての人から好かれるのはまず難しいことです。

そうではなく、あなたが幸せになる関係を大事にしていきましょう。

まとめ

仕事の人間関係に振り回されなくなると、仕事自体に集中しやすくりますね。

仕事が淡々とできると更に周りの声は気にならなくなるし、人の話を冷静に聞く余裕もでてきます。

あなたが冷静だと周りの人もあなたに話しやすくなり、普通の会話がしやすい状態になります。

 

仕事がまだ未熟な場合は、仕事に集中してできるようになることを周りも求めているはずです。

あなたの心にとっても周りの人や会社側にとっても、「仕事自体に集中」できるといいですね。

 

そして大事なことは、仕事以外の時間に「自分の思いに沿って動く」ことです。

 

このとき、「楽しい」「ワクワク」「嬉しい」「感動する」など良い気持ちになることをしてください。

そこに夢や目標があるととてもいいですね。

「仕事自体の辛さや人間関係の憂鬱」から心が離れられます。

 

辛いことにべったりくっついていると、辛い事しか見えません。

視野を広くしてみてください。

あなたのやりたいことや嬉しいこと、好きなこと、興味があること、そちらへ目線を向けましょう。

それこそが人生を豊かに変えていくことにつながります。

 

あなたが仕事の人間関係の辛さから離れられ、楽しい毎日を過ごせることを心から待っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

トップへ戻るボタン