仕事が辛い

仕事が怖いならこれを読め!仕事への恐怖心がなくなる7つの意識

2017年12月11日

このエントリーをはてなブックマークに追加

「仕事に行くのが怖い・・・」
「仕事が怖くて不安で胸が痛い・・・」
「常に緊張して追い込まれてる感じがする」
「何か言われたら怖くて頭真っ白になって動けなくなる」

                                     

仕事で怒られたりひどい対応を受けているうちに、だんだん仕事に向かうことが怖くなっていきますね。
「自分はダメなやつかもしれない」と思い萎縮して、そうするとますます行動できなくなりミスも増える・・・負のスパイラルです。

それでも無理やり続けていると、過剰なストレスによる症状がでてきます。
身体症状が出ている状態なら、ほっておくと心も身体も更に症状が進んでいく可能性があります。

そうならないために、ぜひ今からお伝えする「仕事への恐怖心がなくなる方法」を試してください。

仕事の怖さはほとんどが人間関係によるもの

仕事が怖いと思うきっかけって、ほとんどが他人との関係によるものです。

「仕事のミスを怒られる」
「(誰かと比べられて)遅いと言われる」
「職場の雰囲気が悪い」
はては「満員電車」まで、私たちは人が関係していることで悩みます。

これはどこにいようと避けられないものですね。
でも「仕事が怖い」「職場が怖い」「上司が怖い」などは、捉え方次第でなくなるんです。

仕事が怖くなくなる7つの意識

さっそくその方法をお伝えしていきます。

①人からの評価を一切気にしない

人はそれぞれ違った人生を送っていますね。違う経験をして、異なった考え方を持っています。
みんな価値観が違うのは当然なんです。
そして一人一人の価値観はそんなに大きくありません。絶対に正しいということも、悪いということもありません。

「君にはこの仕事向いてないんじゃない?」

と言われたとしても、それはその人の価値観、捉え方なんです。

人からの評価は気にしなくていいんです。
小さな価値観に振り回されないでください。

そしてあなたと全然違う意見を言われたとしても、「そんな意見もあるんだ」と思ってください。
そこで「自分はできない、ダメなやつだ」とならなくていいんです。

こちらには「周りの意見に影響を受けすぎない方法」が載っています。
癒され元気になる!「仕事が辛い・・・」とはもう言わせない発想の仕方

②仕事から距離をとる

「仕事が怖い」ことで頭がいっぱいのときは、仕事とあなたの距離が近すぎる状態です。
距離が近すぎると物は少ししか見えず、全体が見えませんね。「仕事が怖い」ことばかりが気になって、仕事の全体像が見えないんです。

「仕事で怒られる」「ミスが怖い」「職場の人間関係が辛い」ことなどに意識が向きすぎている状態です。
なので仕事の怖さから離れられないほど、ミスをしやすくなります。

人間関係も同じです。「その場の流れや出来事の全体」を見れると必要なものが何か分かり、スムーズに対応できますね。
けれど近すぎると「相手の言葉や態度や感情」ばかりが見えます。

「なんであんなひどい言い方されなきゃいけないんだ!」
「あぁまた怒られる・・・」
「うわ、機嫌悪いな、近づきたくない」

と「今本当に求められているものは何か」がよく見えなくなるんです。

次に「相手と距離がとりやすくなる方法」をお伝えしていきます。

③「誰」の問題かを分けて考える

ではどうやって仕事や人間関係の距離をとるかというと、「誰」の問題かを考えるんです。
実は、「他人」の機嫌や態度や言葉づかいなどは、「あなた」がコントロールできるものではありません。

「またミスしたのか!なんでそんなことも出来ないんだ!」
と相手に機嫌悪く言われた場合、

「相手の怒りや機嫌の悪さ」は「相手自身が対処すべき感情の問題」なんです。
あなたの問題は、「仕事の最終目的に向かってどうするべきかを考えて、取り組むこと」になります。

「他人が」あなたを好きになるか嫌いになるか、などの感情も、あなたの問題ではありません。
もしあなたの職場に徹底的に虐めたり怒ったり嫌味を言う人がいて、あなたは「ショックを受けたり言葉通り受け取って落ち込んでいる」のなら、それは相手や言われた言葉に近すぎるからなんです。

相手のネガティブな感情やひどい態度の全てを受け入れる義務なんてありません。
「誰の問題か」を分けて考えることで、相手の感情的な言葉を聞き流すようになります。
重要なのは「あなた自身のやるべきことに意識が集中できること」ですね。

また、余裕ができるので相手の状況も想像できます。

「なぜそう言っているのか」
「この人は仕事上、私に何をしてほしいのか」

人は知らない、理解できないものにも恐怖を感じるようになっています。
相手の状況を想像して、なぜそう言っているのかを想像することで怖さが減ります。

相手の機嫌やあなたへの態度や職場の雰囲気など、「自分では変えられないもの」を「変えてほしい」と思うと、心が疲れていきます。
「自分が変えられるもの」に取り組んで変えていきましょう。

こちらに「誰の問題かを分けて考える方法」について書いています。
もう怖くない!怒られても凹まなくなった7つの方法

④失敗は改善できる「気づき」と考える

「ミスをするのが怖い」となると仕事をするのが怖くなりますね。
何をするにも怖いと思ってしまいます。
けれど失敗って、「もっと上手くいく方法を探そう」という「気づき」なんです。

もっと良い結果を出すために、小さなことでもいいので工夫をしてみてください。
そしてまた気づいて、工夫して改善していくんです。
自分や周りが納得するまでその繰り返しです。

⑤「職場の共通した感覚」を知る

あなたは
「職場の人たちは怖い人とも上手くやれているのに、自分はどうやって対応すればいいのか分からない」
と思いますか?
そう思うなら、今まで仕事や人間関係に距離が近すぎて、全体がよく見えていなかったのだと思います。

この場合、「大きな視野」を持つとどううまく対応すればいいのかが分かります。
「大きな視野」とは「職場の人たちが持つ共通の感覚」です。

どこの集団でもその集団ならではの「共通した感覚」というものがあります。
あなたの家族には家族独特の、あなたの年代にはその年代独特の「共通した感覚」がありますね。

その集団の「共通した感覚」を知ることは、その集団を理解するのにとても役立ちます。
「根性気合の団塊世代」とか、「慎重・安定を求める氷河期世代」とか「先に情報を知りすぎてやる気が起きにくいスマホ世代」とか。

会社や職場も同じです。その会社や職場独特の「共通した感覚」があります。
「飲み会は絶対参加」とか「あのお局には逆らわない」とか「あの上司には仕事を頼むべからず」とか、仕事を円滑にしていくための文化のようなものがあります。

そうした職場の「共通した感覚」から見てみると、どう対応すればいいのかが分かったり、逆に周りがなぜそんな対応をするのか納得しやすくなります。
仕事をする上で周りと関わるときに参考にしてみてください。

こちらに「職場の共通した感覚に歩み寄る」ことについて書いています。
上手くいった!職場の人間関係を改善する9つの方法

仕事の量が膨大だったり「自分ひとりでは対応できない」と思ったときにも、「大きな視野」で見ることは解決するのに役立ちます。

ここでの「大きな視野」とは仕事がよくできる上司です。
仕事がよくできる上司に相談してフォローや指示を出してもらいましょう。
出来る人の仕事の仕方を学べる機会にもなるので、成長するチャンスにもなります。

そして手伝ってくれた人に感謝を伝えましょう。
感謝することはお互いの気分を良くしますね。
さらに感謝された方は、関わったあなたを気に掛けてくれるようになります。

⑥自己受容して仕事に向かう勇気を持つ

人は、全くの一人では生きられません。なので本能的に集団になって助け合いながら生きてきました。
その本能を持つ人間は、「孤立すること」が何よりも恐怖になります。生存に関わる恐怖です。

「仕事が怖く、社会になじめない」と孤立する場合、更に恐怖を感じるようになります。
「人の役に立ちたい」というのは集団の中で生きる上での本能的なものなんですね。

では恐怖がない「安心した状態」とはどうやって作られるのかというと、
「自分への信頼」「他人への信頼」が根底にあって、それぞれの分野で「他の人の役に立っていることを感じている状態」に、人は安心して満足感を得ます。

ただしあなたは何もしなくても、存在だけでみんなと同じく価値があります。
あなたが生きているだけで喜ぶ人がいて、
あなたが生きているから経済が回って、
あなたがしている仕事で助かる人がいて、
あなたが仕事が怖いと思いながら悩んでいるから助けようとする人たちの仕事があって、
あなたが仕事が怖いと思っているから私がこの記事を書くことができて、、

こうしてみんな互いのために役に立ち合っている、いてくれるだけで価値のある存在なんです。
あなた自身でそう実感してください。

「自分の存在価値を受け入れる」こと、それがあなたに前に進む勇気を与えてくれます。
これが「自分への信頼」です。

「他人への信頼」「自分も他人も不完全なものだけど、お互いより良い状態を目指しているんだ」という信頼です。
人に対して安心できるかどうかは、この「信頼」が大きいです。
この人間への信頼が、余計な不安や緊張をなくし、「私は自分のできることを精一杯やろう」とさせてくれるんです。

「良いところも悪いところもある、ありのままの自分を受け入れることが出来ない!」
と言う場合には、まずはあなたの心や身体をいたわり、心が感動することや喜ぶことをして、心の栄養を補給してください。
あなた自身が気持ちが良いもの、心地良いと思うものをして癒されてください。

また、他の人に大切にされる時間を持つのも心の栄養になります。
マッサージを受けるのもいいですね。また友達や信頼できる人に話を聞いてもらうだけで、話を聞いてもらえるんだと自分の存在を感じられます。

仕事と全く関係のないところで、人のためや回りの環境のためになることをしてみてください。
掃除とかお手伝いとか、綺麗になる満足感と、人からの感謝から自己重要感が高まります。
自分の良いところが発見できることもありますよ。

出来ているところを意識してください。
特に寝る前の1分間、その日の良かったことを思い出してください。
小さなことでいいんです。「足が動いて会社に行くことができた」とか「人と会話ができた」「苦手な人とも接した」とか、「ちゃんと息してる」とか、小さな「できている」ことを考えてください。

実は、「トラウマに対しての付き合い方」も「良い部分」を考えることで変えることができます。

「上司の言葉や態度で傷ついた、仕事が怖い、自分はできないやつなんだ」

「上司の言葉や態度で傷ついたからこそ、人に優しくできるんだ」

と自己受容につなげることだってできるんですね。
むしろ良いところを見つけることで、前に進む勇気が出るんです。

こうして自己受容をしていくことで、仕事に向かう元気がたまっていくんですね。

⑦仕事以外でもあなたは幸せになれる 

「仕事が怖い」ことで頭がいっぱいの状態は、仕事があなたの中心になっています。
けれどあなたが幸せだと感じることって、仕事のことだけではないですよね?
家族や友達、恋、お金、健康、食べ物、趣味、、、色々なものがあなたの幸せに関わってきます。

「仕事」は幸せに関わる1つの要素ですが、他にもたくさんの要素があなたの幸せを作る要素になります。
仕事以外のところで輝くことができるんです。

もし本当にやりたいことが見つかれば、やりたいことをする準備をしてください。
本当にあなたがしている仕事が嫌なら、「ここから逃げよう」と決意することだって良いと思います。

実は私も職場の人間関係とか仕事内容で仕事が怖くなって、色々症状がでていました。それでも無理をしていたら症状がひどくなり、もうこれ以上ここにいたら死んでしまう、と思ったときに「やりたいこと」が現われたんです。

やりたいことをする準備を始めてから1年後に仕事をやめましたが、その1年間はやりたいことに関することをずっとしていました。
おかげで仕事以外のことが楽しくて、色んな症状も全然出なくなくなりました。

こちらに「色々な幸せの要素の捉え方」ついて書いています。
癒され元気になる!「仕事が辛い・・・」とはもう言わせない発想の仕方

恐怖や不安について

「仕事が怖い・・・」と不安に思い始めると、考えがどんどん悪い方に、辛い方に働いて止まらなくなります。
これは特に何もしていない、「動いていない」ときになりがちです。
身体を動かさない分、意識が「考えること」に集中してしまうんですね。

小さなことでもいいので、初めの1分間にできることを決めてください。
1分間でできる小さな事に集中して動いてみるんです。もし続けられそうならそのまま行動を続けてください。
そうして行動をし始めると、不安や恐怖は消えてしまうことが多いです。

「不安は妄想」であることがほとんどですね。
実際に起きる可能性はあまりありません。
安心して行動することに集中してください。

まとめ

仕事からある程度「距離」をとって、「誰の問題か」を分けて考える。「大きな視野」も使って仕事をみる、そして「失敗や他人の評価を気にしすぎない」こと。
「自己受容」をして前に進みながら、「あなたの幸せ」を得てください。

仕事の怖さにとらわれず、仕事に向かったり幸せを感じているあなたの姿を心から楽しみに待っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

トップへ戻るボタン