仕事を辞めたい

最高の心の癒し方!疲れ切った日々とサヨナラする3つの方法

2017年12月11日

このエントリーをはてなブックマークに追加

「仕事頑張ってきたけど、もうしんどい、疲れた・・・」
「思いを言っても伝わらなくて、自分の存在が軽く感じる・・・」
「疲れ果てた・・・何も感じなくなってる気がする」
「職場で自分を抑えていて息苦しい・・・」
「疲れ果てて笑うことも少なくなった」
「お腹がすかないし悪夢をよく見る・・・」

 

仕事や人間関係などが上手くいかなくて、「自分はだめだやつだ」と否定し続けていると、心も身体も病んでいきます。

けれどあなたの心を動かし自分を肯定するようになると、強いストレスだったものが小さく感じるようになり、どんどん楽しい時間を過ごせるようになります。

 

あなたの心が癒され楽しい毎日を送れるようになる方法をご紹介していきますね。

心と身体と脳は全てつながっている

「感情を露出させるのが難しい」
「気づけば季節も感じられなくなった」
「何か言われても、返すエネルギーがない」
「自分が価値のない人間であるように思う」

こう考えてしまうぐらいあなたは頑張ってきました。
もうこんな毎日は嫌だと思っていても、あなたは頑張り続けています。

けれど強いストレスを受けた状態がずっと続くと、心も身体も異常が出てきます。

ストレスを受けると出るホルモンの量が多すぎて脳にダメージを与えるんです。
特に「記憶」や「学習」や「感情のコントロール」をする部分にダメージを受けます。

「何度教えられても覚えられない」
「嫌な人を見るだけで反射でムカつく」
「何か言われたら殴りかかりそうになる」

確認したものが抜け落ちたり衝動的になったりするだけでなく、更には脳から指令が出なくなり「お腹が空かない」とか「生理がくるう」など体調もおかしくなっていきます。

このストレスを受けたときに出るホルモンは、本来は血圧を上げたりして、緊急時に素早く行動するためのもので必要なものです。
けれどそれが常に出ることは、やはり脳にも身体にも負担が大きいんです。

この状態から抜け出さず、あなたはこれからも心も脳も身体も破壊し続けますか?

これから今のあなたに本当に必要なことは何か、書いていきます。

心の癒しに必要な「感動」「受容」「楽しむ」

疲れ果てて感情も少なくなってきている人に本当に必要なことは、次の①~③です。

①「感動」
②「ありのままの自分を受け入れられること」
③「つらいことを忘れるほど楽しむ」

疲れ果てた人ほど必要な「感動」

特に「感動」は、「感情があまり出せなくなった」「心を閉ざした」「疲れ果てた」人ほど必要です。

「感動」は、閉ざして凝り固まっていた心を動かします。
どうすればいいか分からなかったものごとが、心地よい感覚に脳の働きの効率が上がり解決策が見えるようにもなります。
脳がよく働くので身体を動かす指令が出て体調も良くなります。

旅行で感動したり、感動する映画を見たり、散歩をすることだっていいです。あなたが感動しそうなことを色々してみてください。

そしてそのものごとに「ありがたいなあ」と感謝してみてください。とても温かいもので心が癒されることを感じると思います。

②「ありのままの自分を受け入れられること」

ものごとが上手くいときに「自分はだめなやつだ」と自分を否定していると、自分の存在が軽く感じるようになります。

「自己重要感」が低くなり、自分を出すことが怖くなって更に自分を抑えるようになります。

「ありのままの自分を出して受け入れられる」ことは、自分の存在を感じたり、「今の自分を出しても受け入れられるんだ」と気づかせてくれます。

自己否定が強くなって自分の存在を小さく感じているときこそ、あなたの声を聞いてくれる人にあなたの思いを話したりしてください。

それから誰もあなたを知らないところへ行って、心からしたいように過ごしてみてください。

そうすれば、ずいぶん多くの人がありのままのあなたを受け入れてくれることが分かると思います。

③「つらいことを忘れるほど楽しむ」

笑うことは鎮痛作用があったりやる気を出させたり心地よさを感じさせます。それだけでなく、ホルモンや免疫など元気になるたくさんの良い作用を身体にもたらします。

更につらさを忘れるぐらい楽しむと、忘れていた自分の大切な思い、感情が現われます。

仕事のつらさを目の前いっぱいに置いていると、つらさしか見えません。視点をずらして自分の楽しいと思う方に意識を向け、その問題を離してみてください。

凄く大きくて深刻な問題だと思っていたものが、遠く小さく感じるようになります。

心を回復させるおすすめの方法は旅行である

①「感動」
②「ありのままの自分を受け入れられること」
③「つらいことを忘れるほど楽しむ」

この3つを全て含んでいるものの1つが「旅行」です。

自分が行ってみたいと思う場所に旅行に出かけてみてください。
「思い出の場所を訪れたい」とか、「密かに行ってみたかったところ」とか、自分の心が行きたい場所でいいんです。

私の場合は、「人がのんびりしている南の島」(沖縄・フィジー)に行きました。そこでありのままの自分で過ごして、優しい人たちに自分を出して、受け入れられることで自分の存在を感じなおしました。

初めは感受性が乏しかったのですが、だんだん美しい自然に感動するようになりました。
自然の中で思いっきり笑うようになって、いつしか仕事のつらさを忘れていきました。

感動体験ができるアクティビティをしてもいいですが、ただ自分を受け入れられるだけでも感動し、自分の存在を感じると思います。

1人旅でも2人旅でもいいです。もし2人で行くならあなたにとって大切な人だったり、あなたが自分を出せる相手、あなたを分かってくれる人などと一緒に行ってください。

まとめ

感動してあなたの心を動かし、自分が受け入れられることで自己重要感を高めてください。

できればつらさを忘れるほど楽しんでください。

いつしか目の前にあったつらさは、離れたところに移動し小さくなります。
そうすれば余裕がでてきます。
仕事や人間関係、あなたのやりたいことなどに対して、今まで思いつかなかった事が見えてきます。

ありのままのあなたでいいんです。受け入れられて「自分はいいんだ」と自分を肯定する体験を何度もしてください。

そうしてあなたの心は癒され、回復していきます。

あなたがつらさから離れ、楽しい毎日を送れる日を待っています。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

トップへ戻るボタン